腹痛 ガス 出し方

腹痛時のガスの上手な出し方とは?

スポンサーリンク

 

 人は一定以上のレベルの腹痛を感じている時において、通常の方法では上手にガスを出すことが出来なくなることがあります。
 そこで上手な出し方について説明をしていくと、ヨガというスポーツのポーズを参考にすることが大切です。

 

 順序について簡単に説明をしていくと、最初に体をうつ伏せではなく仰向けにすることが重要となっています。
 そしてその体勢から肛門を上にしつつ体を丸くすることによって、ガスを上手に出すことが可能となります。

 

 特にヨガを習うといった必要がないため、誰にでも出来ることが大きな特徴となっています。
 他にもヨガのねじりのポーズをすることによっても、非常に効率良く出せることが大きなポイントとなります。
 こういった方法であれば、仮に強い腹痛を感じている場合でも非常に上手にお腹に貯まったガスを出すことが可能となっています。

 

スポンサーリンク

 

 強い腹痛を感じている時には中々ガスを上手に出すことが出来ませんが、出し方としてヨガのポーズを参考にすることが可能です。
 ですが上手な出し方についてはこれ以外にもあり、お腹の部分をマッサージすることでも出しやすくなります。
 ポイントとしてグーの形を手で作ってから、ひらがなののという文字を想像しながらマッサージをしていきます。

 

 このようにすることでも、お腹に蓄積されたガスを上手に体外に排出することが出来るようになります。
 お金や道具も特に必要としないやり方となっており、応急処置方法として非常に便利に活用することが可能です。

 

 また道具を有効活用することでも対処は可能であり、ホットタオルを使うことでも行うことが出来ます。
 お腹にホットタオルを当てることで腹部が温かくなるので、その作用を利用することでもおならを出しやすくなります。

 

 次の記事はこちらです。
 ガスが溜まって腹痛が!病院へ行かないと...

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。