腹痛 右下腹部 押すと痛い

右下腹部の腹痛!押すと痛いのは病気かも?

スポンサーリンク

 

 腹痛は様々な病気の症状であることが多いものです。
 特に胃や腸などの、消化器系の病気にはつきものといってもいいほどです。

 

 病気によって痛みは多少異なり、自然に治ってしまうものもありますが、腹痛がいつまでも続くとか、発熱や嘔吐がある場合は病院に行くようにしましょう。
 この場合はまず内科、あるいは消化器科を受診するのがお勧めです。

 

 それから、右下腹部を押すと痛いという場合は、虫垂炎、いわゆる盲腸が考えられます。
 盲腸なんて手術すればすぐ治ると思っている人も多いかもしれません。
 しかし病状が進むと炎症がひどくなり、腹膜炎を起こすこともあります。

 

 また、虫垂が破裂してお腹にあふれて、別の病気を引き起こすこともありますので、たかが盲腸と決めつけずに、すぐに病院に行って手術を受けるようにしましょう。 ごく初期の場合は、薬で治すこともできます。

 

スポンサーリンク

 

 また、女性が右下腹部が痛む、それも押すと痛いような場合は、虫垂炎や内臓疾患以外に、女性特有の疾患であることも考えられます。
 右下腹部が痛むのは、主に卵管炎や卵巣嚢腫茎捻転という病気であることが多く、いずれの場合もかなり激しい痛みを伴います。

 

 妊娠中の場合は、子宮外妊娠のこともありますので、このような場合は産婦人科を受診するようにしましょう。
 痛みと共に不正出血がある時は、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮頸がんも考えられます。

 

 それから女性の場合は、生理時に腹痛が起きることもあります。
 生理痛と呼ばれるもので、個人差や体調によって痛みが激しい時もあります。

 

 このような時は鎮痛剤を使うのがお勧めですが、生理のたびに激しい痛みがあり、仕事や生活に差支える場合には、別の病気のこともありますので、やはり産婦人科を受診するようにしてください。

 

 次の記事はこちらです。
 左下の腹痛で鈍痛が多いのは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。