へその上 痛い 下痢

下痢と同時にへその上が痛い時は?

 下痢という症状になると基本的に排便をする時に支障が出てしまうことがあります。

 

 また腹痛を同時に感じてしまうこともあり、その際にへその上の部分も強い痛みを感じることがあります。

 

スポンサーリンク

 

 このような症状を感じる原因についてですが、ただの腹痛ではなく急性腹症という病気が関係していることがあります。

 

 この病気の特徴として、下痢の他にも発熱も同時に発症してしまうことが注意点となっています。

 

 この場合にはへその上が痛いと感じるだけでなく、頭痛といった症状を誘発してしまうことがあります。

 

 基本的に強い痛みを感じることが多いため、治療においては自己判断ではなく医療機関を受診した方が良いことが特徴です。

 

 症状として内科や胃腸科が専門分野となっていますが、病院ではなくクリニックを利用した方が手軽に診察を受けることが可能です。

 

 急性腹症という病気を発症した場合において、へその上が痛いと感じることと同時に下痢を発症することがあります。

 

スポンサーリンク

 

 注意点としてただの下痢や腹痛以上に症状が重くなってしまうので、対応には慎重になることが必須となっています。

 

 またこういった症状については腹膜炎と呼ばれることがあり、お腹の中で炎症を発生させてしまう病気となっています。

 

 このような病気にならないための秘訣として、一番のポイントは暴飲暴食を避けることが必須となります。

 

 特に味の濃いものや刺激物などをあまり食べないようにすることで、腹膜炎を予防することが出来るようになります。

 

 他にもお腹に負担をかけないことも重要となっており、冷たい飲み物などを摂取しすぎないことも大切です。

 

 これらの予防法が特に難しい内容ではないため、誰でも比較的すぐに始めることが出来るものが中心となっています。

 

 次はこちらの記事です。
 下痢や腹痛に伴う緑色の便は要注意?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。