流産 腹痛 どんな痛み

流産した時の腹痛はどんな痛みなのでしょうか?

スポンサーリンク

 

 流産は非常に悲しいことですが、意外と多くの女性が経験しています。
 特に初期のときに流産することは多く、その場合は染色体などが原因でなることが多いため、女性は自分を責める必要は全くないです。

 

 初期の場合は、腹痛などもほとんと起こらずに順調だと思って妊婦健診へ行ったときに知る、ということも多いです。
 なので、初期の場合の腹痛はほとんどない、あっても特に気にすることもないような痛みの場合が多いです。
 もちろん、初期でも強い痛みを感じる方もいるようなので、人それぞれなのですが割合的にはそんなに痛みは感じない方が多いようです。

 

 中期ごろになってくると、お腹が急に張るようになったり、とにかくいつものとは様子が違うということがなんとなくわかってくるみたいです。
 どんな痛みなのかというと、刺すような痛みが一瞬起こったり、など様々です。

 

スポンサーリンク

 

 どんな痛みがあれば流産なのか、ということは基本的にわからないですが、とにかくいつもとは違う痛みが襲ってきた、ずっとお腹が張っているという場合はその不安になってしまっている状況も妊婦さんの体にとってあまり良くないことなのですぐにでも病院を受診することが大切です。

 

 それによって、流産ではないと知ることができれば安心できますしもし、悲しいことに流産であったとしても早目にその後の対処をすることができます。
 きちんと処置をすればまた妊娠できるようにもなります。
 そして、周りの方もきちんと支えてあげることが一番です。

 

 少しの変化でもきちんと注意して、異変があればすぐに病院へ行く、これを徹底しておくことが一番です。
 ネットなどで症状について調べても、解決することもあるかもしれないですがどんどん不安になってしまうこともあるため、病院へ行くのが一番です。

 

 次の記事はこちらです。
 流産手術後の腹痛はいつまで続くの?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。