妊娠初期 腹痛 激痛

妊娠初期の腹痛!激痛の時は流産の疑いあり?

スポンサーリンク

 

 妊娠初期には腹痛がよく見られますが、お腹が張る感覚がある場合やお腹から腰にかけて痛みがある場合、生理痛に似た痛みがある場合などは特に心配はいりません。
 お腹の張りが長時間続くこともありますが、痛みが長く続かなければ特に問題はありません。
 妊娠をすると子宮が大きくなるので腸が圧迫されて便秘を起こしやすくなりますが、これが腹痛の原因となることがあります。

 

 また、妊娠中はこれまで常用していた便秘薬が使えなくなって便秘が悪化してしまう人もいます。
 この時期の便秘対策には整腸効果のあるオリゴ糖を摂取するのが効果的です。
 オリゴ糖は体に害がないので妊娠中でも安心して摂取することができます。

 

 妊娠をすると大量に様々なホルモンが分泌されるので体内のホルモンバランスが急激に変化します。
 すると、下痢を引き起こして腹痛の原因となることがあります。

 

 下痢は食生活を改善したり、ストレスを軽減することで症状が改善することがあります。
 下痢は直接流産とは関係ありませんが、長期間続く場合は医師に相談することが大切です。

 

スポンサーリンク

 

 妊娠初期に下腹部に継続して激痛を感じる場合は流産の疑いがあるので注意が必要です。
 出血や基礎体温の低下、頭痛、つわりなどの妊娠初期症状がなくなったなどの症状を伴う場合は特に注意が必要です。
 下腹部に継続して激痛を感じる場合は自己判断をせずにできるだけ早めに医師の診察を受けることが大切です。

 

 早めに診察を受ければ切迫流産と判断された場合でも妊娠を継続できる可能性が高くなります。
 妊娠超初期には受精した卵子が子宮内腔の粘膜以外に着床する子宮外妊娠や子宮が大きくなることで胎盤や絨毛が剥がれてしまう絨毛膜下血腫などを起こすことがあります。

 

 これらは症状が進行すると腹痛が酷くなり、激痛を感じるようになります。
 これらの疑いがある場合も早めに医師の診察を受けることが大切です。

 

 妊娠初期にはお腹よりも腰に近い部分が痛むことがあります。
 これは妊娠によって分泌されるホルモンの影響とされていますが特に心配する必要はありません。

 

 次の記事はこちらです。
 流産した時の腹痛はどんな痛みなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。