ピル 不正出血 腹痛

ピルが原因で起きる不正出血と腹痛とは?

スポンサーリンク

 

 不正出血とは、生理以外のタイミングで生殖器から出血することで、その量が少しだけのこともあれば大量なこともあります。

 

 女性の場合には生理に女性ホルモンが大きな影響を及ぼしているため、ストレスや寝不足など、ホルモンのバランスが大きく崩れることで不正出血を起こすことがあります。

 

 女性ホルモンのバランスをコントロールすることで避妊をかなえるピルを服用している場合でも、不正出血が起こることがあります。
 ピルは女性ホルモンのバランスを整えてくれるものではありますが、不正出血しやすいと言われています。

 

 ピルは21日間は女性ホルモンが配合された薬を服用し、7日間は何も飲まないか女性ホルモンの配合されていない偽薬を服用します。
 この周期通りにちゃんと服用していた場合、生理が来る少し前から生理日までに起きた出血の場合には心配することはないと言われています。

 

スポンサーリンク

 

 また、腹痛も同時に起こりやすいものです。

 

 もともとピルの服用では副作用として腹痛が起こりやすいものなのですが、それと同時に不正出血があった場合には医師の診察を受けるようにしましょう。
 すべてがピルを服用した場合の副作用だと言い切れません。

 

 女性特有の子宮頸がんや子宮体部がん、卵巣がんなどの病気になってしまっていて出血していたり、卵巣嚢腫などで腹痛が起こっている可能性も捨てきれません。
 そのため、医師の診察を受けた方が良いでしょう。

 

 また、これらの女性特有の病気のリスクを軽減させるため、1年に1度は婦人科の定期検診を受けるようにすることも必要です。

 

 どれだけ薬でコントロールしていても、急激なストレスが襲ったり、仕事が忙しくて休む暇がないような時には様々な症状が出てしまう可能性があります。
 腹痛など不安がある場合には、素人判断はせずに医師に相談することが一番です。

 

 次の記事はこちらです。
 妊娠初期に左右の下腹部に腹痛がある場合は...

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。