高温期 4日目 5日目 腹痛

高温期4日目や5日目に起こる腹痛について

 

 高温期に入ると、女性は様々な不快症状に悩まされることが多くなります。

 

 生理を予測させるような腹痛や腰痛も生じやすくなり、妊娠の可能性を疑うことも多いです。

 

スポンサーリンク

 

 高温期4日目、5日目の時期は丁度体が変化する時でもあります。

 

 そのためおりものが増えたり場合によっては吐き気などを感じることがあるのが常です。
 こういった症状は、実際妊娠の兆候の可能性もあるため、心当たりのある方は様子を見るのがベストとなります。

 

 高温期4日目や5日目には、軽い腹痛を感じる方もいます。
 着床があった場合にも、こういった腹痛が生じること指摘されており、その後の状態の変化を見守る注意が必要です。

 

 妊娠の初期の症状は、通常の生理前の症状と中々区別がつきにくいと言えます。
 腹痛や腰痛といった症状は特に鑑別が難しいのが一般的です。

 

 ですので、早合点せずに気長に状態を見るのが良い方法と考えられます。

 

スポンサーリンク

 

 高温期はその名の通り体温が上昇する時期に当たります。
 妊娠している場合には、こういった高温期が長期間続くため、基礎体温の記録などが状態を把握する一つの手掛かりです。
 市販の妊娠検査薬は、使用出来る時期を見計らって使用するのがコツです。

 

 腹痛は通常の生理前にも頻発する症状であるだけに、必ずしも妊娠の兆候と言えないのが厄介な点です。
 お腹の痛みは概して便秘などがあると悪化します。
 ですので、こういった時期には予め整腸剤などを利用して便通を良くしておくことがポイントです。

 

 暴飲暴食を避けて、下痢の起こりにくい腸内環境を整えておく工夫が役立ちます。
 ヨーグルトなどの発酵食品を積極的にとることも有効です。

 

 腸の働きを悪くするストレスも、出来るだけ減らすようにします。
 腸は精神的な要因と非常に関係が深く、このようなアプローチは症状の緩和に効果的です。

 

 次の記事はこちらです。
 排卵後の腹痛が続くのはどうして?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。