腹痛 腰痛 同時

腹痛と腰痛を同時に発症する病気とは?

スポンサーリンク

 

 腹痛とは主に胃腸の調子が悪いことで痛みを感じることが多い病気となっていますが、中には腰痛を同時に感じてしまうことがあります。
 この場合における原因についての説明ですが、月経困難症と呼ばれている病気が関係しています。

 

 一般に生理痛と呼ばれることが多い病気となっており、月経時において腹痛の他に腰痛も発症することがあります。
 生理痛になることで感じる痛みについては、各女性によって個人差があることが特徴となっています。
 女性の中には日常生活に支障が出ない場合もあり、その場合には軽い出血といった感じで済むことが多いです。

 

 しかし逆にこれらの症状を強く同時に発症してしまうこともあり、日常生活が困難になってしまうケースもあります。
 その場合における対処法としては、婦人科を受診して鎮痛剤を処方してもらうことで症状を安定させることが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

 女性が生理痛という病気を発症することによって、腹痛と同時に腰痛という症状を感じてしまうことがあります。
 しかし原因についてはそれだけではなく、男性がこういった症状を患ってしまうこともあります。

 

 その病気についてですが、虫垂炎と呼ばれているものを発症することでも同時にこれらの痛みを感じることがあります。
 盲腸とも呼ばれていることがある病気で、下腹部の右部分を中心に痛みを発することがあるのが特徴です。
 そのためお腹と一緒に腰の部分にも痛みが発生することが多いので、腹痛と腰痛を同時に感じてしまう仕組みになります。

 

 治療方法についてですが、内科や胃腸科といった診療科を受診することで治療を受けることが可能です。
 症状が軽ければ薬による服用で完治出来ますが、ある程度悪化している時には手術を行うケースもあります。

 

 次の記事はこちらです。
 幼児の腹痛!長く続く時の病気とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。