過敏性腸症候群 腹痛 場所

過敏性腸症候群で腹痛を感じる場所とは?

スポンサーリンク

 

 ストレスが一定量以上蓄積されることにより過敏性腸症候群という病気を発症することがあり、便秘や下痢が続くことが多い症状となります。
 症状についてはそれだけではなく、腹痛も合わせて発症してしまうことがある病気となっています。

 

 発症する場所についての説明ですが、この病気が原因となっている時にははっきりしていないことが特徴となります。
 腹部の色んな場所で痛みを発することが特徴であり、お腹の特定の部分というように特定が出来ない病気となっています。

 

 どんな痛みを感じるかについてですが、キリキリとしたような鈍い腹痛を感じやすくなってしまうことが多いです。
 痛みを感じる時間についても特徴があり、早朝や食後といった傾向が強くなっています。
 またトイレでガスを出したり排便をすることによって、ある程度痛みが緩和させることもまた特徴となります。

 

スポンサーリンク

 

 過敏性腸症候群という病気を発症することによって腹痛を感じることがありますが、場所については限定されていないことが注意点です。

 

 そこでこの病気をどのように治療するかについてですが、ポイントとして心の病気として扱われることがあります。
 確かに腹痛という症状については、胃腸の調子が悪くなることが多いので内科や胃腸科が専門分野となります。

 

 過敏性腸症候群を発症させる原因となっているのが、ストレスによるものが非常に大きくなっています。
 ストレスに関する治療については、内科や胃腸科ではなく精神科や心療内科が専門分野となります。

 

 治療方法についてですが、患者がどれくらいストレスを抱えているか検査や診断を行っていきます。
 そうしたことを行ったうえで治療を行っていき、カウンセリングや薬を服用してもらうなどの方法があります。

 

 次の記事はこちらです。
 腹痛、下痢、発熱!でも嘔吐なしの時は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。