大腸ポリープ 原因 ストレス 治療 予防

大腸ポリープの原因はストレスだった?

スポンサーリンク

 

 大腸ポリープとは大腸の粘膜の一部が膨れ上がった物で、良性と悪性とに分けることができます。

 

 悪性の場合は大腸癌と言われていますが、大腸癌は日本人の癌における死因の第三位となっています。
 また特に女性に関しては大腸癌は一位となっているので早期発見が重要となっています。

 

 大腸ポリープの場合は、ほとんどが良性ポリープとされていますが、大きくなるにつれて悪性になる可能性が高くなると言われています。
 大腸ポリープは、早期発見が大切となり現在は健診を推奨している機関が多くあります。

 

 大腸ポリープでは小さい内はほとんど自覚症状がないため検査をしないとわかりません。
 しかし、ある程度の大きさになってくると血便や粘液が混じることがあるので、自分で気がつく場合もあります。
 また、便以外にも腹部の不快感や貧血症状、急激な体重減少が起きることもあるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 大腸ポリープの原因にはいくつかのことが挙げられています。

 

 一つ目は、遺伝です。
 ある研究から家族にポリープがあった場合は、遺伝している可能性が高いとの結果が出ています。
 しかし多くの場合は良性が多いと言われているので、経過観察をしていくことが大切です。

 

 二つ目は、ストレスです。
 ストレスは体に様々な影響を及ぼしますが、特に胃腸関係には影響が高いと指摘する専門家もいます。
 現在はストレスが原因となって腸に何らかの症状が出ている人の割合が急増していると言われています。

 

 主な胃腸症状は下痢や便秘、腹痛や腹部の不快感などが挙げられますが、特に便秘や下痢を繰り返していると大腸ポリープができやすくなるので注意が必要です。
 また食生活が欧米化していることも原因の一つなので、適切な食事も大切な要素です。

 

 ポリープを予防していく為には適切な食事とストレスの緩和が大切な要素となっています。

 

 次はこちらの記事です。
 潰瘍性大腸炎でも仕事はできる?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。